2014年10月15日水曜日

本日10月15日(水)は貸切営業とさせていただきます。
よろしくお願いします。





ここ最近の悩みは携帯のカメラが壊れていてすごく不便なことです。
iPhone6ってどうなんでしょうか。やっぱりでかいのでしょうか。

お店と全然関係ないですが、今日はカメラが壊れた時の話をします。笑




ゴールデンウィークに長野県の山奥にある大鹿村という場所に1人で旅行に行きました。
その頃、僕は以前のバーを退職し、毎日のように現場仕事をしていて
ゴールデンウィークは突然で久しぶりの連休でした。
せっかくの連休、どこかへ行こうと、ふと思い出したのが以前から気になっていた「大鹿村」
村に伝わる七不思議があったり、パワースポットでも知られる村です。

調べてみると、一年に一度の大鹿歌舞伎が明日公演!となっていて
これは!と、翌朝に車で向かいました。


トンネルを抜けるとそこは、美しい大自然に囲まれた村でした◎
村に住んでいるであろうお方に、歌舞伎の会場はどこですか?と聞くと
これから行くから付いてきなっ!と案内してくれました。
大鹿歌舞伎の会場は村内の大磧神社。鳥居をくぐるとすでに村人で賑わっていました。



案内してくれた方とお話をしていて、今日泊まる宿が決まっていないことを言うと、
なんと宿を経営するおじさんを僕に紹介してくれました。
そのおじさんはこう言いました。
「この歌舞伎が終わったらあなたはここの片付けを手伝いなさい、そうしたらそのあとうちでみんなで酒を飲んで自由に寝て行っていい。」

なにかのワンシーンのようです
僕は「ありがとうございます!お手伝いさせてください!」と言って
ミラクル起きてるな~、そっかぁ~
とニヤニヤしてました



歌舞伎自体を見るのが初めてだったのですが、
大鹿歌舞伎は難しい内容ではなく、笑いの多い舞台でした。
おひねりが飛んでいる様子↓

video




公演終了後、僕はスンッとみんなに混じって、テントや座布団などの片付けをしました。
そらもう人の仕事を奪う勢いでお手伝いしました(おじさん!頑張ってやっとるぞー!)

20分くらいして片付けも終わったところで、怖いな~怖いな~とは思っていたんですが・・・



































おじさん
































おじさん?


































いない!!


いくら探してもどっこにもいないの!!!!!!!!!!



























とっくに先帰ってんの!!!!!!!!!!!!!!!!!




































あれ、もしかしてこのテントの裏にいるのかな?















いないの!!!!!!!!!!!!



















いやいや、きっと仕方の無い理由があったに違いない。
そう信じて気を取り直し、宿を探すと、やっぱりその日はどこも一杯でした。

ところが、ある宿の方が
部屋は満室だけど酒が飲めるならうちに来てよし!と言ってくれたので、そうさせていただくことに
その日は毛布を借りて車で寝ました。


宿で飲んだ長野県のおいしいウイスキー
マルスアンバー
翌日マルス蒸留所に見学に行き購入しました
イチミバーでも飲めますよー!





そして翌朝、世界でも有数のパワースポットといわれる分杭峠のゼロ磁場へと向かいました。


ゼロ磁場ってなんじゃい

以下wiki抜粋

ゼロ磁場

分杭峠は、一部の人々から「健康に良い『気』を発生させるゼロ磁場地域である」と言われ、マイナスイオンブームの際にマスコミに取り上げられた。中国の気功師・張志祥が来日した際、分杭峠に「気場」を発見した。
サトルエネルギー学会顧問の佐々木茂美 元東京電機大学教授は、発見当時に長谷村(現伊那市)の依嘱により測定し、「ゼロ場(相殺磁場、ゼロ磁場)」の存在が報告された。
日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っている、という理由から「エネルギーが凝縮しているゼロ磁場であり、世界でも有数のパワースポットである」とされている[2]



わくわくしますよね?


・・・

この峠に「気場」という、階段状になったステージのようなものがあって
そこにみんな座ってゼロ地場のパワーを浴びていました。
僕もそこに座って、目を閉じたり手を合わせたりしました

それで、ようやっとカメラが壊れた話になるのですが
この分杭峠で写真を撮ろうとしたときにカメラが壊れて起動しなくなったのです(さくっ)

・・・

調べると、パワーの強い場所で電化製品が壊れるのは、よくあることらしく
スピリチュアルな分野では人生の転機を表しているといわれてます

それからの一週間、本当にいろいろ壊れました。デジカメ、テレビにパソコン
自分はなにかが壊れるたびに、あおっ!と興奮したものです

考えてみればそれから、とんとん拍子でいろいろと進んでいった気がしてます。
その4ヶ月後に、このお店もオープンできたのだし
大鹿村にいたときは物件すら決まっていなかったんです

本当にパワーをもらえたのかもしれません
信じるか信じないかは



はおはい








0 件のコメント:

コメントを投稿